【01/23(土)お届け】注文受付中!

うおポチバイヤーブログ

  • 緊急事態宣言後のうおポチ宅配便出荷メンバーの対応

    2度目の緊急事態宣言を受けて、大田市場の現場では試行錯誤しながら下記のような対応をしています。きっとコロナ収束後に見たら切ない思い出になるなと思ったので書いて記録に残しておきます。これも歴史の一ページですね。 <事務室の窓を開けて仕事する> この1月、市場が稼働している早朝つまり氷点下でも開け...
  • 東京で年末の買い出しに行く人必見!市場仲卸から見た場所ごとのメリットデメリット

    東京の年末の買い出しのスポットは大きく分けると下記のように分類されます。・豊洲市場(中央卸売市場)・築地場外市場・大田市場(中央卸売市場)・鮮魚専門店(路面店)・鮮魚専門店(百貨店、エキナカ)・アメ横・スーパーマーケット・インターネットショッピング・ドライブスルー販売(←NEW!)これらの中で...
  • 【今年の年末の買い出しのご参考に】各年末商材の市況のまとめ

    【今年の年末の買い出しについて】各年末商材の市況と何を買うべきかについて、毎日相場で一喜一憂しているうおポチバイヤーが簡単にまとめましたので、年末の買い出しの参考にしてください! ・カニ 今年はコロナの影響で相場が安くなるかと思いきや、海外産については中国の需要や、意外と強いアメリカの需...
  • 冬の小田原のアジはマアジよりもメアジですよね。

    冬の時期はマアジがいまいち脂がのらない代わりにメアジが脂がのって美味となります。 ↑の皮目の銀色が緑っぽく光り、光物の寿司ネタとしては最高かなと思います。 こちらは小田原で活〆処理をされていて、 血抜き処理の状態も非常に良く熟成にも向きます。 こんな魚ですがコロナの影響かまさかの売れ残っ...
  • 寒ボラの脂の乗りがすごい

    寒くなってきてブリやサワラやヒラメなどが脂がのっておいしくなってきておりますが、バイヤーブログなので知る人ぞ知る寒の銘魚を紹介いたします。 それは、ボラです。 この時期のボラは産卵に向けて脂を蓄えており、養殖ブリのごとく脂がのっています。 寒ブリは12月大変価格が高騰するのですが、ボラはあまり...
  • 小田原産の活け絞めソウダガツオとウルメイワシ

    土曜日、売れ残ったソウダガツオとウルメイワシでまかない昼飯作りました。市場勤務特有の福利厚生です。こちらは木曜日水揚げ金曜日販売していたものですが、残念ながら売れ残ったものです。なので、水揚げから2日経っていますが産地での処理が適切なので鮮度バリバリです。とはいえ月曜日まではいい状態キープでき...
  • アカゼムロ まだまだ脂ありオススメです。

    ムロアジの中でも一番旨いとも言われたりするアカゼムロが小田原でよく水揚げがあり、魚ポチでは積極的に買い付けしています。 今の時期はマアジよりも断然こちらがオススメです。脂も乗っていて、サイズが大きめで刺身で最高です。 鮮度落ちが非常に早いため仕入れには勇気が必要な事と、身が柔らかく綺麗にお造り...
  • アブラボウズ(オシツケ)の加工

    今日は小田原より約56㎏のアブラボウズというお魚が入荷いたしました。 写真の通りパレットからはみ出すマグロのような大きさの魚です。 身はこのように真っ白で全身大トロ状態のその名の通り脂の乗りがものすごい魚でこれからの時期鍋等に大変おすすめです。    
  • 「台風と養殖マダイと時々サンマと」

    まいど!うおポチバイヤーのナユキンです。台風シーズンですね。海水温の高さや台風の通り方など、日本はもはや亜熱帯域なんだなと感じますね…。九州や四国方面にはうおポチでお付き合いのある養殖業者さんも多く、この時期は台風が来るたびに心配になります。それでも、こういった海が荒れる時は天然の水揚げも大幅...